世帯年収とは?高校授業料無償化の所得制限や共働きの場合は?

世帯年収とは、
どういう意味の言葉でしょう。

最近世帯年収という言葉を耳にするように
なったのは、高校授業料無償化のニュース
などです。

今回は、
これから高校に進学予定のお子さんを持つ
親御さんが注目の高校授業料無償化の所得制限、
共働きのケースについて取り上げます。

世帯年収とは?

fuufu

世帯年収とは、
その一世帯が1年間に受け取った収入の
合計金額のことです。

自分の年収が全くなかった年でも、
兄弟や両親などの同じ住居で暮らし、
整形を同じくする家族に収入があれば、
世帯年収がナシということにはなりません。

高校授業料無償化の所得制限・共働きの場合

高校授業料無償化の所得制限は、
世帯年収が910万円を上回るご家庭の学生
にかけられます。

2014年4月以降に入学した生徒が対象ですので、
その前の学生はそれまでと同様に
所得制限はかけられません。

夫婦共働きの場合は、
夫婦個々の収入を合計します。

市町村民税所得割額の金額も、
確認しましょう。

市町村民税所得割額は
住民税の金額を割る出すときに
元になる数字です。

市町村民税所得割額といわれても、
ピンとこない方がほとんどでしょう。

例えば、サラリーマンの方でしたら、
6月に毎年勤務先から受け取るもので、
給料明細と一緒にもらう
特別徴収税額の決定通知書を見ましょう。

304,200円以上の市町村民税所得割額のお宅は、
制限の対象となります。

304,200円に満たないという場合は、
就学支援金があります。

知人夫婦には、
これから高校生になるお子さんが3人います。

公立高校で無償になる金額は
授業料の1カ月あたり9,900円です。

1年間にかかる費用を算出すると118,800円、
約12万円が無料になる計算になります。

1年あたり約12万円ですから、
卒業するまでの3年間では356,400円、
約36万円です。

3人にお子さんを
全員公立高校に進学させた場合は1,069,200円、
約107万円も浮く計算になります。

子育てはなにかとお金がかかりますので、
これでのまとまった金額が免除になったら
大助かりですよね。

さいごに

最初に高校の授業料が無償になったのは
2010年4月からで、
公立高校に通う学生は全員が対象でした。

以後、2013年8月に自民党と公明党が、
所得制限を2014年度から設定しようということになり、
11月27日に参院本会議で可決しました。

現在では2014年4月から
新制度の高等学校等就学支援金になっており、
国公私立を問わなくなっています。

世帯年収とは?高校授業料無償化の所得制限や共働きの場合は? はコメントを受け付けていません。 仕事・ビジネス