40歳男性サラリーマンの平均年収はいくら?手取り金額の中央値は

40歳の男性サラリーマンというと、
責任のある仕事を任されたり部下を育てたりなど
ますます仕事にやりがいを感じる年齢
ではないでしょうか。

バリバリ仕事をしたら、給与という形で
自分は会社からしっかり評価をされているのか
確認したくなります。

今回は、40歳の男性の平均年収や
手取り金額の中央値などについて取り上げます。

最新の年齢階層別の平均年収

gurafu

40歳男性サラリーマンの平均年収は、
現在いくらなのでしょう。

国税庁が発表している
最新の「民間給与の実態調査結果」(平成25年)を
見てみました。

40歳という年齢ではなく、
40代前半、後半といった階層別に
データがまとめられています。

40歳の方があてはまる40~44歳の男性の平均給与は、
568万円でした。

ちなみに、男性で最も多いのは
50~54歳の649万円。

2番目に多いのは45~49歳男性の、638万円。

3番目は55~59歳男性の、629万円。

40~44歳の男性は、
これに続く4番目という結果でした。

平成24年度のデータをもとにした情報で、
40歳男性のサラリーマン手取り月収の中央値は、
およそ327,000円とありました。

業種や家族構成と給与

サラリーマンと一言でいっても、
平均年収は業種によってさまざまですよね。

しかし、自分と同じ年齢の男性、
もしくは旦那さんや彼氏が
どのくらいの給与をもらっているかを
知りたくなるようです。

年収の金額が十分かどうかは、
家族構成によっても違ってきますよね。

友人のお宅は、
現在夫婦二人と子供一人の三人家族、
手取りの月額は20万円くらいということです。

世間の平均年収から比べれば
高い方ではないかもしれませんが、
十分に生活ができていますし
とても仲良しでうらやましいくらいのファミリーですよ。

幸福度と年収の高さは、必ずしも一致しない
ということなのでしょうね。

これからお子さんの教育資金がかかってきたり、
親御さんの介護が必要になるなど
生活状況が変わってくれば、
もっと高収入を求めるようになるかもしれません。

一方で、国税庁が発表した平均年収以上の
お給料をもらっているにもかかわらず、
さらに親御さんから援助を受け取っているという人が
友人の親戚にいます。

独身男性だということなので、
全て自分の好きなように使うことができ
一見よさそうですが、
お金のやりくりが苦手なのでしょうか。

いろいろなタイプの男性が、
世間にはいるものですね。

さいごに

金銭的な裕福さをはかるとき、
多くの人が収入にばかり目を向けているようです。

しかし、実際には収入の高さだけでなく
支出の高さも考える必要があります。

お風呂の湯船にたくさんのお湯を蛇口から
そそいでいても、栓がしっかりとふさがって
いなければ一向に溜まることはありません。

無駄な出費はないかを見直し、
毎月決まってでていく出費の中で、
お得に利用できるプランなどはないかなど
調べてみることも
資産の増加につながりますよ。

40歳男性サラリーマンの平均年収はいくら?手取り金額の中央値は はコメントを受け付けていません。 仕事・ビジネス