幼児が幼稚園での習い事をやめたいと嫌がる!必要かママ友と悩んだ末‥

幼児が幼稚園での習い事に、
やめたいと嫌がることもあります。

ママ友に相談してみると、
同じような経験をしていて
一緒に悩んでしまうということがありませんか。

今回は、幼児が習い事をやめたがったときの対応について、
取り上げていきますね。

幼児は習い事をやめたいと言い出すもの?

youji

幼児が習い事をやめたいと言い出すことは、
ほとんどのお子さんがあるでしょう。

こどもに素質がある習い事であれば、
途中で挫折せずに続けさせてあげたいと思うところですが、
それを判断するのは容易ではありませんよね。

どうしてやめたいと思ったのか、
話を聞いてあげてください。

原因がわかれば、
対処法も自然と明らかになってきます。

ちょっと壁にぶつかって
そのときだけ自信を喪失しているだけということもあります。

自信をなくしているときは
励ましてあげます。

指導のやり方がこどもに合っていないと感じたときは、
習い事の先生に相談してみて、
それでも改善しないようであれば
別のスクールに替えてみてはいかがでしょう。

お友達とケンカしただけ、
先生があわないなど
いろいろな原因があります。

それぞれに応じた対応をして、
できる限りいい環境を整えてあげたいですね。

幼児がやめたいと嫌がったら何かほめてあげよう!

幼児が習い事をやめたいと言うとき、
一時的な感情にまかせて発言しただけ
ということもあるはずです。

その一時的な感情は、
ちょっとした一言でガラリと良くなる
こともありますよ。

友人の子供がまだ幼児だったころ、
習い事をやめたいと言いだしました。

本人は自信をなくしているようだったので、
「とても上手になったよ!」
「サボらずに毎週通ってエライね!」
とママが愛情たっぷりにほめてあげました。

すると、
次の習い事のときにはやめたいと一言もいわず、
いつも通りに通っていたということですよ。

かといって、習い事をしないことが
必ずしもいけないというわけではありません。

習い事は先生がいて、
いつも引っ張っていってくれる人に従うところです。

習い事をしないで一人で過ごす時間は、
「自分はなにをしたいからあれをやろう」
「これが好きだから、やるためにはどうしたらいいのだろう」と
考える力が身につきます。

大人になって大切な力は、
自分で考えて行動をする力、企画できる力です。

習い事以外でも、
こどもが成長する場があることも
忘れないでくださいね。

さいごに

もし、習い事ばかりで休む時間がないほど
スケジュールがいっぱいだとしたら、
ときにはゆっくりできる時間も作ってあげてください。

誰かに教わらない時間も、
こどもの頭の中で噛み砕いて
成長をし続けています。

大人が引っ張っていってあげられない、
自分一人でどうにかしなければならない場所こそ、
こどもの自立心は養われますよ。

幼児が幼稚園での習い事をやめたいと嫌がる!必要かママ友と悩んだ末‥ はコメントを受け付けていません。 育児・教育