赤ちゃんを二重まぶたにする方法!いつから?マッサージは効果ある?

男の子でも女の子でも、
我が子には二重まぶたになってほしいという願いを持つ
パパママがいます。

両親が二重でなければ、
あきらめなければいけないのでしょうか。

必ずしも希望が叶うというわけではないのですが、
赤ちゃんを二重まぶたにするマッサージの方法が
ないわけではありません!

今回は、赤ちゃんのうちから行う
二重まぶたになるための方法についてご紹介します。

成人している大人の肌でも、顔はとても皮膚が薄く、
さらに目の周りは繊細です。

赤ちゃんは大人より肌がデリケートなので、
やさしく触れるということを忘れないでくださいね。

赤ちゃんを二重まぶたにするマッサージの方法!?

akachan

二重のラインが入ってほしい部分に、
綿棒などを使用して赤ちゃんが就寝中に線を入れる
という方法があります。

起きてしまわないよう、
そして皮膚を傷つけてしまわないよう
やさしい力で行うのがポイントですよ。

皮膚に線のクセをつけるつもりで、行ってください。

赤ちゃんは全身にたくさんの脂肪がついています。

二重のラインが入って欲しい部分に
指の腹を使ってやさしい力でマッサージを行います。

マッサージをしたラインにのみ、
まぶたの脂肪の量を減少させるつもりで
行いましょう。

こちらのマッサージ法も、
赤ちゃんが寝ている間に行います。

成長に従って赤ちゃんは顔が変わる

生まれて間もない頃は、一重や奥二重の目元。

成長するにしたがって顔立ちができあがっていく中で、
二重まぶたになることもあります。

私の妹が幼いころのアルバムを見てみると
年齢が低いときほど鋭い目つきをしていました。

徐々に二重になり、
今はハッキリとした二重まぶたです。

幼い頃の妹は、よく周囲の大人たちから
「お父さん似だね」といわれていました。

しかし、年齢を重ねお姉さんになっていくうちに、
顔立ちがどんどん母親そっくりに成長していったのです。

母の目は二重なので、
妹もやはりパッチリ二重になりました。

生まれたばかりの赤ちゃんは、
お父さんに父親の自覚を芽生えさせるために
父親似に生まれると聞いたことがあります。

その話が本当なら、
赤ちゃんは男性らしいシャープな目元に生まれる確率が
高いことになりますよね。

そして、父親似のまま成長していく子供もいれば、
母親似や両親のいいとこ取りをして育つ子供もいます。

成長をして二重まぶたにならなくても、
今はアイプチで二重にする方法があります。

赤ちゃんのうちはまだなにもせず、
様子をみていてもいいかもしれませんね。

さいごに

子供が二重まぶたに変わることを
期待できる時期が3回あります。

体つきがそれまでと変わってくる思春期、
動作が活動的になる3歳くらい、
身体の脂肪が減少してくる3カ月~1歳です。

このタイミングは、
特に変化に注目したいですね。

赤ちゃんを二重まぶたにする方法!いつから?マッサージは効果ある? はコメントを受け付けていません。 美容