水天宮での戌の日の混み具合!初穂料の料金や服装を先輩がアドバイス

妊婦さんは妊娠5カ月目の戌の日(イヌノヒ)に、
腹帯をして安産祈願のお参りをすることが
風習になっていますね。

戌の日といわれても、周囲に妊婦さんが
いない方などはピンとこない
かもしれません。

この日は十二支の順番にまわってくるものなので、
12日周期で戌の日がやってきます。

犬はお産が軽く多産な動物なので、
犬にあやかりたいという願いからきています。

安産祈願で有名な水天宮では戌の日に
どのくらい混雑するのか、初穂料の料金や
当日に適した服装などについてお伝えします。

水天宮での戌の日の混み具合・初穂料の料金

ninnpu

戌の日はやはり、安産祈願をする妊婦さんや
そのご家族などで水天宮は大変混雑します。

混み具合が特にひどくなるのは、
戌の日と大安や祝日が重なる日です。

申し込みを行ってから実際に祈願をするまで、
混雑する日は数時間待つことも珍しくありませんから、
平日に行けたらその方が理想的です。

3時間近くも待たされたという話も聞きますよ。

初穂料の料金は、腹帯とお守り込みで7,000円です。

受け付けの時間は平日・土日祝日が8時から15時なのですが、
戌の日は終わり時間が30分長くなり、
8時から15時30分までです。

当日の服装・戌の日は数時間待ちということも

混雑がひどい日には、午前10時くらいに
入場規制がかかることもあります。

日にち選びは、体調のことも考えて
決めた方がいいですよ。

安産祈願に着ていく服装は正装でなくては
失礼にあたるのではと心配になる方も多いでしょうが、
ゆったりとした体を締め付けない格好でいいんです。

普段着で構いません。

神経質にならなくて大丈夫ですが、あまりにも
派手な色づかいのものや肌の露出度が高いものは、
控えた方がいいでしょう。

妊婦さんは普段着でいいのですが、
一緒に行かれるご家族などは正装をしましょう。

できればスーツを着用することをおすすめします。

戌の日は当日長時間待たされることが多いことは、
ぜひ知っておいてください。

知人が戌の日に水天宮へ祈願に行ったところ、
5時間近く待ったということでした。

5カ月に入っているといっても気候や
体調の具合によっては、体調に
差し支えるかもしれません。

妊娠中ではない健康な大人でも、何時間も待たされたら
体力を消耗するくらいですから、無理をしないことが
大切だということを忘れずに、日程調整を
してくださいね。

さいごに

水天宮に東京メトロ半蔵門線の水天宮前駅から
行かれるという方は、戌の日と大安、
土日祝日限定ですが無料送迎バスが
運行しています。

4番出口から直結していますので、
雨の日もラクですよ。

水天宮までは他にも都営地下鉄新宿線の浜町駅、
日比谷線と浅草線の人形町駅から
歩いて行くことができますが、
一番近いのは浜町駅で、歩いて1分です。

体に無理がかからないルートを
選んでくださいね。

水天宮での戌の日の混み具合!初穂料の料金や服装を先輩がアドバイス はコメントを受け付けていません。 妊娠・出産