肉の胃もたれ原因は?食べ過ぎの悪影響と 私の予防・改善方法

よく肉をガッツリ食べた後って、胃がもたつくというか、
もたれてゲップとか出そうになってませんか?

次の日の朝も・・これって肉が原因?

でも肉を食べるのをひかえることもできないし・・・
好きだから絶対食べないっていうこともできないですよね。

肉をたらふく食べても胃がもたれなかったらどんなに嬉しいか。
あなたはそう思ったことはありませんか?

はたして何故肉を食べたあと胃がもたれたりするのか?
知りたいと思いませんか?

次の章で上記の疑問を解決していきましょう。

肉を食べると胃がもたれる原因と食べ過ぎによる悪影響とは?

yakuniku

肉を食べると胃がもたれる・・

見た目から判断すると

あの焼きあがった表面のギトギトした油
あれを見たら逆に「ウマそ~」って私は思うけど、

アレが原因?

何故胃がもたれるのでしょうか?

まず胃がもたれるとはどういうことか?


簡単に言うと

胃の蠕動(ぜんどう)運動
(消化されたドロドロになった食物を
次の十二指腸に送り出すため収縮する運動)が、

正常に行われない状態から、

消化機能が低下することで、
胃の中の食べ物が長時間残ってしまった時
に、

「あ~なんか胃が重い感じがする」
「ちょっと胃がムカムカしてる」
「なんか吐き気がする・・・」

そう思う胃の状態のことです。

胃もたれの原因は主に4つあります


1.加齢
2.ストレスや不規則な生活
3.消化しにくい食べ物
4.食べ過ぎ

1.加齢


若かった頃は胃も元気で、蠕動(ぜんどう)運動も活発っだったのが、
加齢とともにその蠕動運動も弱くなり、胃の機能が低下するため

2.ストレスや不規則な生活


胃の運動は自律神経によってうながされています。
が、ストレスや不規則な生活をすることによって
自律神経が乱れて正しい胃の蠕動運動ができなくなるからです。

3.消化のしにくい食べ物


基本的に消化の悪い食べ物は油を含んだ食べ物ということで
肉類や揚げ物がよく挙げられます。

油成分は胃酸となかなか混ざりにくいため
消化されにくいといわれています。

4.食べ過ぎ


要するに胃のキャパオーバー・・
次から次へと胃に放り込んだら、そりゃ胃もやすみたくなるって。

そのため運動能力が落ちて消化活動もできなくなり
やがて食べ物が長時間胃の中に残った状態に・・

だから「胃もたれしたくない!」
と思うあなたはもう「肉」は避けてください。

「それでも肉は食べたいんだ~!」と思ったあなた
実は私もそう思いました。

「好きなものはやめられない」と。

次の章では予防法と改善法をお知らせします。

胃もたれにならない予防法

一般に言われる予防法は

1.肉などの脂分をあまりとらずに
消化の良い食べ物を多くとるようにする

2.ストレスをためない


ストレスを受けることによって自律神経が乱れる・・
だから受けなければ・・

でもこの予防法は現代の世の中ではちょっとムリですよね。

私が調べて思わず「おぉ!」とうなった事とは


私が実際に調べてうなってしまうくらい驚いたことを教えますね。

肉をどうしても食べたいのなら
ある食材と一緒に食べると胃もたれ防止になるんですが・・

そのある食材とは?

ヒント
1.酢豚
2.ハンバーグなどにかけてもおいしい和風ソース
3.韓国料理
4.焼肉屋で生で食べる野菜
5.唐揚げによく添えられているもの

さてその答えは・・・

1、パイナップル


酢豚のなかに入ってますよね。
パイナップルの中のブロメリンという成分が
脂肪を燃焼する働きがあります。

2.大根


和風ソースに大根おろしがはいってますよね。
あの大根の成分ジアスターゼ、リパーゼ、プロテアーゼ
という酵素が消化を助けてくれます。

3.とうがらし


焼肉屋ではキムチをおいてますよね。
カプサイシンという成分がとうがらしにはありますが、
胃の粘膜を保護してくれて消化を助けます。

そして胃もたれの予防にもなるので
肉を食べる前に先に食べるといいですよ。

4.キャベツ


一緒に出てきますよね。肉を食べるときに

このキャベツの成分キャベジン・・聞いたことありますよね、
あの胃薬・・

キャベジンのことをビタミンUとも呼ばれています。

胃の粘膜を修復し、胃酸をあまりださないように
してくれ胃潰瘍などにならないようにしてくれます。

このビタミンUは熱に弱いから、生でボリボリ食べるんです。

5.レモン


唐揚げなど油物の脇にそえられていますよね。
あれをしぼってぶっかけて食べます。

そんなレモン汁の成分は、肉の油分を包み込み、
あまり胃や腸で吸収させないようにし、排便させるようにしてくれます。

これらを知ってみて
「そうなんだ」と思いませんでしたか?

ビックリです!

すでに肉類と一緒に出されていたんですよ~。

これを知ってからは自発的に、
肉類を食べる時一緒にとるようにしています。

これは試してもいいかなと思う予防法


食べる前に炭酸水を飲むことなんです。

ん?と思いましたか?

食べる前に炭酸水を飲んでおくと、
炭酸の成分が胃に刺激をあたえて胃の働きを活発にしてくれます。

これで胃もたれ予防できるって簡単ですからね。

胃もたれしてしまった後の改善法

あっちゃ~
うかつにも胃もたれしてしまった場合は

胃薬を飲む・・これはすぐ思いつきますよね。

でも私は今まで胃薬は飲んだことがないんです。
薬ぎらいなので(汗)

だからしばらく食べない・・
これは胃を休めるということです。

胃もたれは胃が「コレ以上働けない」という状態
なので、ムリに食べ物を詰め込めば
いつまでたっても仕事をしてくれません。

だから胃をしばらく休めましょう。

じゃあ胃もたれの日は全然食べなければいいのか?


それはそれで胃の中を空っぽにしてしまうと
胃液が胃壁を傷つけて、荒れさせてしまうので、

少しの量でも栄養があり、消化のいい食べ物を
食べるのをオススメします。

例えば豆腐、うどん、たまご、おかゆ、バナナなど

柔らかくって胃にやさしいものを
少しでもとるようにしてください。

そうするとまた胃の働きが復活してきます。

まとめ

どうしても今日はちょっと肉を
食べなければいけない、食べたいんだ!

そんな時は暴飲暴食は避けましょう!
せっかくの効果が役に立ちません。

次の日、苦しいことになりますよ^^

胃に負担をかけないように、食べ過ぎに注意しながら

和風ソースやレモン汁でお肉をいただき、
キムチやキャベツを頼んでムシャムシャほおばり、

デザートにパイナップルやレモンの入ったものを、
みんなでわいわい会話しながら、楽しく食べましょう。

肉の胃もたれ原因は?食べ過ぎの悪影響と 私の予防・改善方法 はコメントを受け付けていません。 健康