山の日がなぜ8月11日に祝日となったの?理由や経済効果が知りたい!

日本の国民の祝日はこれまで15日でしたが、
山の日が8月11日に制定されたことで
16日に増えます。

山の日がスタートするのは、
2016年から。

2015年に制定され2016年に始まった海の日
以来となりますから、新しい国民の祝日ができたのは
20年ぶりのことなんですね。

今回は山の日がどうして8月11日に決定したのか、
その理由や考えられる経済効果についてお伝えします。

どうして山の日は8月11日? 理由と経済効果は?

yama

山の日には、6月上旬、海の日の次の日、
お盆の前、日曜日が候補として
あげられていました。

まず最初に上がった案は、8月12日。

理由は、お盆休みを長く取れるからです。

しかし、過去に起きた出来事を振り返ってみると、
8月12日は日航機墜落事故の日でした。

国民の祝日は読んで字のごとく
国民みんなでお祝いをする日ですから、
ふさわしくないと判断され、
8月11日に決まったということです。

山の日を8月11日にしたことで、
経済効果は見込めるのでしょうか。

この日は夏休みであること、しかも親の会社が
お盆休みに入る日に近いことなどから、
山岳観光などに足を運ぶ人が増加すると
期待されていますよ。

我が家の2016年山の日の予想!

ちょっと気は早いですが、記念すべき
最初の山の日は、どのように休みが
取れるか考えてみました。

2016年のカレンダーを見てみると、
8月11日は第二木曜日でした。

お盆休みと有給休暇を活用すれば、
ゆったりとした連休を確保できそう!

そのためには、計画的に有給を残して
いかなければなりませんね^^

社会人にとっては連休が1日増えるのは
とてもうれしいものですが、学生さんにとっては
あまり存在感がないかもしれません。

今後山に関係する期間で割引制度を設けるなど
盛り上げる動きがでてくれば、学生さんにとっても
うれしい祝日に育っていきそうです。

ちなみに、山の日が制定された目的は
山に親しむ機会を得ることと、山の恩恵に
感謝の気持ちを持つことだそうです。

さいごに

山の日の8月11日は、山開きをしていて
登山を楽しめるシーズンです。

登山ビギナーの方から上級者の方まで、
幅広い方たちが山の自然の満喫することができます。

お盆に近いということもあり、例年も繁忙期から
外れている企業が多い時期です。

仕事への影響を考えることなく、ゆったりした
気分で休めるのではないでしょうか。

あとは、どこへ行っても混雑しているのが
どうにかなったらいいですね。

山の日がなぜ8月11日に祝日となったの?理由や経済効果が知りたい! はコメントを受け付けていません。 暦・行事