はちみつレモンの作り方!ホットや冷凍など私の簡単レシピを紹介

はちみつレモンは、インフルエンザや風邪対策に
効果的なドリンクです。

インフルエンザや風邪の予防が手作りの飲み物でできますから、
薬に頼らず自然に健康を維持したい方に
おすすめです。

クエン酸を含有するレモンと
ブドウ糖が含まれるはちみつの組み合わせ。

この2つがタッグを組むと、血液を弱アルカリ性に整えて
疲れを吹き飛ばしてくれたり、スピーディに
エネルギーを交換してくれます。

はちみつレモンは、ホットでも冷凍でも
飲むことができます。

ご紹介する簡単レシピで、
1年を通して体調管理に役立ててください。

簡単レシピではちみつレモンを手作りしよう!

remone-do

はちみつレモンを作ってストックしておけば、
いつでも好きなときに楽しむことができます。

はちみつレモンに水を加えて混ぜるだけで飲めますし、
気分によって水を炭酸水にするのも爽やかですよ。

レモンを皮ごと使うので、国産のレモンを2コ用意してください。

保存がきくように、今回は加熱をする作り方です。

レモンを流水でよく洗ったら、皮ごとスライスしましょう。

グラニュー糖大さじ2杯、はちみつ大さじ5杯、
スライスしたレモン2コ分を鍋に入れます。

中火で熱し、沸騰したら弱火にして、5分ほど煮ましょう。

約5分経ったら火を消して粗熱をとり、冷ましてください。

冷めたら保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

あとは飲みたいときに出して、水などで割ってくださいね。

冷凍のはちみつレモンの作り方!疲労回復におすすめ

はちみつレモンはレモンの酸味があるので、
疲れているときに最適です。

暑い季節には、冷凍してシャーベット状にしてもおいしいですよ。

作り方は上記のはちみつレモンとあまり変わらず、
こちらも簡単にできます。

国産のレモンを薄くスライスし、
保存容器に移したらはちみつを加えます。

このまま冷凍庫に入れたいところですが、
2日~3日ほどいったん冷蔵庫で漬けこんでください。

冷蔵庫から冷凍庫に移して冷えたら、できあがりです。

シャーベットのようにシャリシャリとした食感で、
暑さが厳しい日でも乗り切れるおいしさです。

使用しているはちみつの量は同じでも、
冷凍するだけで感じる甘みが濃くなりますから、
ぜひ食べてみてください。

夏はもちろんのこと、
冬場に作ってこたつに入りながら食べても絶品です。

さいごに

はちみつレモンはこの他に美肌効果があり、
レモンストレス解消や免疫力向上などの
働きもあります。

冷蔵庫に保存しておいたはちみつレモンは、
調理をするときに味付けとして入れてもおいしいので、
ドリンク以外にも試してみてください。

甘い味付けが苦手な方、もっと甘い方が好みという方は、
作るときにお好みの加減に調整し楽しんでください。

はちみつレモンの作り方!ホットや冷凍など私の簡単レシピを紹介 はコメントを受け付けていません。 食材・栄養