はちみつがポリ容器で固まる原因や理由は?私の溶かし方をご紹介

はちみつは、ビン入りのものやポリ容器に入ったものなど
商品によりいろいろな容器に入って市販されていますね。

カワイらしいデザインのものも多く、
個人的には特にクマの形の容器に入ったものは特にお気に入りです。

ポリ容器に入ったはちみつを購入した人が、
使っているうちにだんだん中身が固まってきて、
とうとうでなくなってしまったということでした。

これははちみつの性質の一つで結晶と呼ばれる変化ですから、
決して劣化したわけではありません。

気温が低い場所に水を置いておくと
氷になるような変化なので、一度固まってしまっても
溶かして食べることができるんですよ!

固まってしまったはちみつの溶かし方について、お伝えしますね。

はちみつはそもそもどんな原因で固まるの?

hachimitu

はちみつが結晶化するときには、
環境などの原因が影響しています。

直射日光があたる場所に保管していたり、
気温が15℃~16℃を下回った場合などです。

環境は影響しますが、
それはポリ容器に入っていることとは全く関係がありません。

はちみつに含まれている成分は、
水分・ブドウ糖・果糖だけでほとんどを占めます。

一般的なはちみつは、ブドウ糖より果糖の割合の方が
わずかに多い傾向があります。

とはいっても、いろいろなはちみつ製品がありますので、
中にはブドウ糖の割合の方が多めのものもあります。

このタイプのはちみつを購入してしまうと
結晶しやすいのですが、
品質に問題はありませんので溶かせば食べられますよ。

私のはちみつの溶かし方

はちみつが固まってしまっても、
溶かし方を知っていればまたすぐに食べられるようになります!

45~60℃くらいの湯煎に、
容器ごと入れてじっくり溶かすのです。

容器のサイズが大きければ大きいほど
湯煎で溶けるまでの時間はかかってしまいます。

早く食べたいときは、一気に全部溶かすのではなく
ひとまず食べる分だけ溶かしたり小分けにするといいですよ。

手っ取り早く電子レンジでチンすればいいと思われるかもしれませんが、
はちみつの魅力でもある豊富な栄養素が破壊されてしまいます。

せっかくミネラルやビタミン、アミノ酸などを
いっぺんに摂れるはちみつですから、
時間がかかっても湯煎で溶かした方がいいでしょう!

固まる原因を知ることにより
まず固まらない環境で保管するようにすれば、
溶かす必要もなくなりますけどね。

さいごに

はちみつが白く固まると、
もしかしてカビがはえたのではと不安になるかもしれません。

はちみつはカビは生えないということなので、
結晶だと判断して溶かしてみてください。

カビは生えませんが劣化しないわけではなく、
蜜源と呼ばれる花の種類によってその速度はまちまちです。

冷暗所での保管が基本です。

冷蔵庫は一見よさそうですが、気温が低いために
結晶しやすくなるということをぜひ覚えておいてくださいね。

はちみつがポリ容器で固まる原因や理由は?私の溶かし方をご紹介 はコメントを受け付けていません。 食材・栄養