粉砂糖の代用品とミキサーなしの作り方!賞味期限や砂糖との違いとは

スイーツやパンを作ったとき、
最後の仕上げに振りかけたいのが粉砂糖です。

全てのスイーツやパンではありませんが、
ほどよい甘みが加えられますし、高級感や可愛らしさが
演出できるので、見栄えにも影響します。

粉砂糖というくらいですから砂糖なのですが、
価格が少し高めですよね。

頻繁に使用するものではないことなどの理由もあって、
購入するまでもない気がしてしまいます。

代用できるものがあれば、ありがたいですよね。

今回は、砂糖で代用させるための
作り方などをご紹介します。

家にある砂糖で代用して粉砂糖を手作り!違いは?

konazatou

粉砂糖は砂糖と同じようなもので、
定義は粒子の大きさの違いというだけです。

砂糖で代用させるときの作り方は、とても簡単ですから、
ぜひ試してみてください。

すり鉢で上白糖をきめ細かくなるまですったら、できあがりです。

本当に、簡単ですよね。

自宅にミキサーがなくても、すり鉢があれば作ることができます。

手作りした粉砂糖には、賞味期限はあるのでしょうか。

粉砂糖にする前の市販の砂糖は、
入っている袋を見ても賞味期限が記載されていないんです。

そう、砂糖は長期的に保存ができる食べ物であることから、
賞味期限はないんですね。

正しい保存方法で管理されていれば、長く保存が可能な食べ物です。

我が家の粉砂糖の作り方!

粉砂糖は頻繁に使うというものではありませんので、
きらしていることがよくあります。

うちはすり鉢がなくてミキサーがあるので、
砂糖からミキサーで作っています。

グラニュー糖を買ってきて準備します。

ミキサーに買ってきたグラニュー糖を移し、
1分ほどかけてサラサラの粉のようになったらできあがりです!

さらにコーンスターチを加えれば、サラサラの状態を保つことできますよ。

配合の割合は、コーンスターチ小さじ1杯程度に白砂糖カップ1杯分です。

この方法なら、粉砂糖を買い忘れていても
すぐに自宅でつくることはできます。

知っていて損はない知恵です。

乾燥は、粉砂糖の大敵です。

常温で保管して乾燥させないように気をつけていれば、
いつまでもおいしく頂けます。

固くなっていたら、乾燥しているサインです。

冷蔵庫で保存すると、結露になったり乾燥しますので避けてくださいね。

さいごに

最近のご家庭では、すり鉢がないということも少なくないでしょう。

賞味期限が書かれていないというと、
心配な食材に思えてくるかもしれませんね。

JAS法や衛生管理法で認められていますので、
心配いりませんよ!

粉砂糖の代用品とミキサーなしの作り方!賞味期限や砂糖との違いとは はコメントを受け付けていません。 食材・栄養