盛り塩の置き方や場所によっては逆効果?神棚、玄関、トイレに簡単な作り方

盛り塩は日本で古くから伝えられてきた、
場を清める方法です。

清らかな場所で過ごすことができれば、
そこにいる人の運気も上昇します。

盛り塩は小皿に塩を三角すい状に盛ればいいので、
置き方は実に簡単。

素人でもすぐに実践できるところが、
うれしいポイントです!

場を清めてくれる盛り塩ですが、
どこにでも置いていいというわけではありません。

正しい置き場所を知っていないと、
返って逆効果ということがあることをご存知ですか?

今回は、盛り塩を置かない方がいいポイント、
置くのに適したポイントなどについてご紹介します。

神棚、玄関、トイレに盛り塩を置きたいけれど・・・

genkan

盛り塩を置いて清めたい場所には、
どんなところがありますか?

例えば、トイレ。

実はトイレは、
家の中でも一番といっていいほど
盛り塩を置くのにふさわしくない場所なのです!

トイレなどの水周りは、「陰」にあたります。

盛り塩を丸い小皿に乗せて置くと、
そこに家じゅうにある気(良い気も悪い気も含めて)が集まります。

集まった気は、部屋のあちこちに広がっていきます。

そんな盛り塩をトイレに置いてしまえば多くの陰気が集められてしまいますので、
その家が陰気でいっぱいの悪いスポットとなってしまうのです。

家族の靴でゴチャゴチャしがちな玄関も、同様です。

逆に盛り塩を置くのにオススメの場所は、
神棚です。

神棚は神聖なところですから、
ご家庭でも盛り塩を置きたい場所なのです。

塩の置き方や扱いに注意!逆効果になる場合も

盛り塩が場を清めてくれること。
お相撲さんが最初に土俵に塩をまくこと。
お葬式から帰ったときに塩で清めること。

いずれも、塩を用いることにはいいイメージがあるようです。

だいぶ前の話しになりますが、
以前に友人の実家に遊びに行ったときのこと。

友人のおじいちゃんが家のあちこちに塩をまいているということで、
お嫁さん(友人のお母さん)が掃除をするのが大変だととても怒っていました。

一番怒っていたのは、友人のお兄さん。

当時まだ学生だったお兄さんは、アルバイトをしてがんばってお金を貯め、
中古で車を購入し、自宅の脇に停めていました。

すると、そのお兄さんの中古車にもおじいちゃんが塩をまいていたのです。

塩が固まってかけられた部分がサビてしまったようで、
悲しんでいました。

盛り塩もそうですが、
塩の扱いは正しく行わないと大変なことになりますね。

さいごに

盛り塩は、手に入りやすい材料で誰でもすぐに作ることができますが、
正しい方法を知っていることがとても大切です。

逆効果になるくらいなら、
最初からなにもしない方が無難という結果になってしまいかねません。

しかし、実際にやってみた結果運気が上昇したという声も聞かれますから、
試してみる価値はありますよ!

盛り塩の置き方や場所によっては逆効果?神棚、玄関、トイレに簡単な作り方 はコメントを受け付けていません。 縁起・風水